国の舵取り次第?建築費高騰による悪影響

雑記

新年度早々大ニュースです!

なんと宅建業者の免許を持っていない不動産投資家に対して、法律違反は取り締まるって言ってます!

朝から冗談はさておき‥‥4月1日ですからね、お許しください☺


いつもクリックありがとうございます( ;∀;)
不動産ランキング

今日から新年度!

成人年齢が18歳に引き下げられました。記事の後ろの方で今後”新成人”となる方々に向けた発信をします。よろしければ是非ご一読くださいw

さてさて建築費が爆増している昨今、どうやら当面はその状態が続くのではないかという見方が少なくないと聞きます(誰に聞いたんスカ?←しつこい)

面白いツイートがあったのでリツイートしました。

建築費が高騰する要素は沢山あって、我々素人にも分かるのが木材とか鋼材の資材価格の高騰ですね。

ロシアに対して厳しい目を向ける国際的な協調の中で、ロシア産木材のほか資材や燃料などの輸入が難しくなっています。

今年1月にロシアの木材企業を買収した飯田グループホールディングスさんなんかは、ほとほと苦労しているのではないかと思われます。ロシアのウクライナ侵攻は2月24日。気の毒に。

次に建設業就業者の高齢化、人員不足。

熟練の職人さんが続々と引退して、その後釜を担う若い人材が不足しているのは東日本大震災あたりでかなり叫ばれていたような気がします。

そういやこの辺りから建設業の人件費が上がってきましたよね、確か。

モアぞうがよく取引している準大手ゼネコンがあるのですが、建築案件を送っても設計士が足りないとかでなかなかプランができない状態です。

超大手のゼネコンでもそういう話をちらほら聞きます。建設の作業員だけでなく、設計士さんも不足しているとなると、売り手市場になって建築費が高騰するのもうなずけます。

この2つが大きな要因なんですが、このほかにも円安や原油価格の高騰による輸送コストの増大があります。

政府と日銀は急激な円安は好ましくないってことで、その発言によって市場は少し落ち着きましたが、ほっておくと130円台に突入する勢いでした。怖い怖い。

さて当面の間は建築コストが上昇すると申し上げました。

昨年、アメリカの住宅需要が旺盛だったことから、北米産の木材がほとんど入ってこない状況がありましたね。

アメリカのみならず、主要な国々は経済成長を続けていて、世界的に資材の需給がひっ迫しています。

景気の流れの中で、建築費が高騰しすぎれば採算が合わない事業は縮小し、景気が後退することで徐々に需要も停滞してきます。

それに伴い、建築費の高騰が収まってきます。

この流れの、まだ峠が見えない現状なので、もう少し耐え忍ぶ必要があります。

建築費が高騰しているので、多くの建売業者は苦境にあえいでいます。

内部留保が潤沢にあったり、親会社などの支援があるところだけが残っていきます。これは厳しい。

アパホテルのように、これを機会に優良な立地を抑えていくチャンスと捉える会社もあるでしょうが、体力がなきゃ無理。どうすれば‥‥。

過去の平成バブル崩壊にしても、ITバブル崩壊にしても、リーマンショックにしても、本来は国や中央銀行が舵取りを間違えなければ長期的な低迷ってのはありません。

*S&P500指数、MSCI世界株式指数、TOPIXそれぞれの総収益指数(1989年初=100)出所:Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(1989年1月~2020年1月) https://media.rakuten-sec.net/articles/-/25502?page=2

ほら、日本以外は株価は20年間で爆増(日本もここ数年は上がっていますが、それでも他国に比べればかわいいもんです)しています。

現在の我が国ニッポンの首相はどうでしょうか(ご想像にお任せしますw)。

ってことで、外部要因(国際情勢)はしょうがないとしても、内部要因(国の舵取り)の先行きが不安なので、今後の不動産投資などにも影響が続く見込みです。

建築費の高騰って、もちろん内装費用や大規模修繕費用と一緒ですからね、運営コストが増大します。

内部要因(国の舵取り)は投票しか変えられません。

”新成人”となる皆様におかれまして、まあ最低限投票には行った方がいいですねぇ(あんまり政治的な発言をしないようにしているブログなので、あとは察してくださいw)

さて本日1番言いたいことは、景気は雰囲気で変わるので、テレビのニュースなんかを見て一喜一憂せずドンと構えておきたいところ。彼らは視聴者を煽って視聴率を上げ、スポンサーを付けるのが主たる事業なので、センセーショナルなのはある種当たり前なんです。

・燃料費が高いならガソリン税を停止したり軽減税率を適用すればいいじゃない

・食料品が高いなら消費税を減免すりゃいいじゃない

個別のモノの価格は税制でたいていは調整できるか、市場原理で代替手段ができるので、舵取りさえ間違わなけりゃ物価は長期的に不安定にはなりませぬ。

ってことで、今は不動産投資のタイミングとしては時期が悪い。できないことはないけど色々と環境が悪すぎるw

去年から↑こんなこと言ってたしな~( ゚Д゚)

今は体力のあるところと、与信があるところ以外はそもそも融資が付かないし物件が買えないので、じっくり種銭を貯めるのが賢明だというのが一貫した意見でございまする。


いつもクリックありがとうございます( ;∀;)
不動産ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました